コロナ対策で在宅勤務が奨励され、一気にテレワークを導入する企業が増えており、ご相談が急増しています。
そもそもテレワークにはいろいろな効果があり、先行する企業では働き方改革の一環として、またBCP対策として、などの効果を得るために導入が進んでいました。
<テレワークの効果>
1、自然災害や交通遮断など、BCP対策の一環で導入しておきたい
2、時短のため、「会社に戻らなければ、業務ができない」を減らしたい
3、会社の設備投資、出張費、交通費を削減したい
4、疲れを蓄積する長距離や満員電車の出勤を極力なくし、社員の満足度をアップしたい
など
社会的な要請を受け、あわてて導入する企業では、あまり本質を議論する間もなく、ましてや十分なソリューション選択もしないまま、一気呵成に「テレワーク」ではなく、「在宅勤務化」が進められています。
折角の機会です。「自粛要請」のためのテレワークだけでなく、上記の効果も考えてみてはいかがでしょうか?
次にテレワークを導入する際に検討すべきなのは、テレワーク技術に期待する機能です。
どんな「思い」でITソリューションを導入したいのかと整理し、取り組んでいただけれたらと思います。
例えば、
・重要なデータが保管されている会社のサーバに、社外からアクセスできるようにしたい
・社外でも、外部と打合せしたり、相手に合わせた電話・FAXのやりとりを継続したい
・在宅勤務でも、スタッフ同士で気軽なコミュニケーションができるようにしたい
・会社に行かなくても、受発注や経理などの基幹業務ができるようにしたい
・在宅勤務時の働きぶりをしっかりと可視化して、適正に評価できるようにしたい
・テレワークを前提にした資料やデータの共有・バックアップの場所を設けたい
・承認行為や部下とのスケジュール調整をどこにいても行いたい
・チームで行う仕事を社外にいてもスムースに進められるようにしたい
・スタッフには自宅でもしっかり学んでスキルアップして欲しい
・テレワークでの情報漏洩やマルウェア感染を防ぎたい
などです。
CIMCでは、上記の10の「思い」とテレワークの道具(ITソリューション)をベースにした
カードゲーム「つなせん」(テレワーク版)を準備いたしました。


つきましては、多くの方にご検討いただきたい内容なので、「つなせん」(テレワーク版)の
ペアシート(下の写真)&解説書を無料提供いたします!

ペアシート(テレワーク版)


※2020年5月17日からダウンロード可能となる予定です。
ダウンロードサイトはコチラ⇒ https://tsu.aruarucio.club/telework
是非、テレワーク導入や業務見直しの一助としてください。
代表理事  野村 真実